キャンプ

          

キャンプをしよう

自然の中でゆったりとした時間を過ごすキャンプキャンプの楽しみ方は人それぞれです。
バーベキューや天体観測、川や海で遊んだり、夜テントの中で雑談したり。どれもが楽しくて
あっという間に時間はすぎてしまいます。大人数じゃなくても二人でも、1人でも楽しむことが出来る
キャンプ。キャンプは日常では味わえない自然のすばらしさや忘れかけてた自分を思い出させて
くれるのではないでしょうか。さあ、あなたもキャンプに出かけて心身をリフレッシュしましょう。
キャンプでできること!
 釣り堀のあるキャンプ場もあります。
 小さな子供からおじいちゃんおばあちゃんまで
 みんなでのんびり魚釣りをして楽しみましょう。
 小さな魚は逃がしてあげて大きな魚はおいしく
 いただきましょう。自分たちで釣った魚を
 その場で食べるのは最高ですよ。
 海での釣りはいろいろな魚がつれてとても
 楽しいです。波音とみんなの笑い声をBGMに
 釣り糸をたれて自然と一体化しましょう。
 土の中にイモを埋めて焼き芋を作るもよし。
 ただ燃えさかる炎を見つめて語り合い暖をとるも
 よし。漆喰の闇の中燃え続ける炎には不思議な
 力があり私たちを日常の生活から引き離してくれ
 ます。体だけでなく心も温まる焚き火ですが、
 焚き火禁止のキャンプ場もかなりありますので
 他の人たちに迷惑にならないようルールを守り
 マナーを心がけましょう。
 賑やかな宴の中にふと夜空を見上げると
 満天の星空が。都会では決して見ることの
 出来ない星々の輝き。普段抱え込んでいる
 不安や悩みはこの美しい星空が優しく
 包みこんで疲れたこころを癒してくれます。
 本格的な天体観測でなくてもただ夜空を
 見上げるだけでいいのです。星座を見つけたり
 また自分たちでオリジナルの星座を作るのも
 楽しくておもしろいですよ。
 テントの設営を後回しに子供たちは海や川へ
 飛び込んでいきます。浮き輪を浮かべてプカプカ
 浮かぶだけでも楽しいですよね。水中メガネを
 かけて水の中を見てみると陸上とは違う世界が
 広がっています。普段見ることのない水中の
 世界は時間がすぎていくのを忘れてしまうので
 日焼けをしないようシャツを着るなり
 日焼け止めを塗るなりしっかり注意しましょう。
 キャンプの夜に欠かせない花火。
 昔と違い趣向性に富んだ花火がたくさん
 売られています。綺麗で楽しい花火ですが
 ゴミ掃除や火の後始末はきちんとしましょう。
 花火をするときはバケツに水を入れておく。
 基本ですね。個人的な意見ですが
 ロケット花火はスリルがあって楽しい反面
 どこに落ちたかわからなくなりゴミを捨てる
 ようなものなので控えたほうがいいと思います。
 バッタに蝶にカマキリ、トンボ。山の中は昆虫の
 宝庫です。セミのおしっことクモの巣に気を
 つけながら目当ての虫を探しましょう。
 子供たちにとっては宝探しをするようなものです。
 お父さんも童心にかえって子供たちと一緒に
 楽しみましょう。くぬぎの木があれば樹液の 
 出ている部分に蜂蜜を塗っておきましょう。
 翌早朝にはカブトムシやクワガタムシが
 集まってますよ。
   心の奥にあるあったかいものが今目を覚ます
   今目を覚ます  
           さあ、キャンプへ出かけよう!
















Copyright(c)  GO!アウトドア All Rights Reserved