ルアー

          

ルアー

釣りの中でも非常に人気の高い分野がルアー釣りです。初心者でもブラックバスやメバルなど意外と簡単に釣れる反面、天候、時間帯、地形、ルアー選択、ルアーの引き片などを考慮しなければならない戦略性の高い釣りと言えます。


 スズキ
サーフや河口、川の中流域でも
釣る事が出来ます。
全長は最大で1メートルを超える。北海道南部から九州までの日本列島沿岸で釣れます。

冬は河口など外洋水の影響を受ける水域で産卵や越冬をし、春から秋にかけては内湾や 河川で暮らします。           
メバルのルアー釣りにヒットすることもありメバルロッドでのやり取りは もはや釣りではなく死闘です。


 ヒラメ

近年人気急上昇してきたルアーの対象魚です。
他のルアー対象魚に比べてバラシが多く取り込むまで一瞬の油断も許されません。
最大で全長1メートル、10キロになります。


 マゴチ

ヒラメと同じようなポイントにおり、ヒラメを狙っていてつれることがあります。
全長70センチくらいまで成長します。夏が旬の魚。

 メバル
ルアーの対象魚として非常に人気の高い魚です。
他のルアー対象魚の中でも比較的釣りやすい魚です。
メバル用のソフトルアーは数年前とは比べ物にならないほど出回っています。
 カサゴ
メバルを狙っていているとよくヒットします。重量感を楽しめます。

 タチウオ

隣のエサ釣りには全く釣れないのにルアー釣りでは大爆釣ということがあります。

 クロダイ
スズキ狙いでよくヒットします。
最近ではMリグといったクロダイ専用のルアーも出てきました。MリグのMは
考案者のイニシャルです。

 ブラックバス
少年から大人のルアーマンまでルアー釣りの世界的な人気対象魚です。ほとんどの野池や湖、ダム、川に生息しており、比較的簡単に釣れる魚です。大きいもので70センチにもなるがまず釣れません。60センチでも記録的な大きさです。
「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」が2005年に制定され駆逐が一部の地域で始まっているが経済魚としての価値もあります。


 ブルーギル

ブラックバスを釣っているとよく釣れます。体高があるのでサイズの割りに引きが楽しめる。

 ナマズ
大きな川だけでなく幅が3メートルくらいで、水深が20センチくらいの小川にも生息しています。
湖沼や池、ダムにも生息しており、夜行性です。
5月から梅雨にかけて産卵を行い、この時期が最も釣れるシーズンとなります。


 ライギョ

大きいものは1メートルを越えます。
代表的な釣り方はフロッグを使ったカバーゲームです。浮き草など水生植物が水面を覆っている
池などで釣り上げますので水草から雷魚を引きずり出せるだけのヘビータックルで臨みましょう。
 
 ルアーの種類

   ミノープラグ

 ミノーは英語で小魚という意味です。小魚に似せた姿形をしておりロッドでアクションをつけたり
 タダ引きしたり対象魚や釣り場の状況で誘いのかけ方を変えていきます。


   クランクベイト
 ルアー前部にあるリップが水の抵抗を受けて水の中にもぐる。
 潜航深度はリップの大きさなどによって異なるが1〜6メートルのものが主流です。
 シャロークランク(0〜1メートル)、ミドルクランク(1〜3メートル)、
 ディープクランク(3〜5メートル以上)


   バイブレーションプラグ
 リップが付いておらず、名前の通りただ引くだけでバイブレーションが発生します。
 空気の抵抗が少ないので遠投が出来るが、浮力が無く着水後は沈む一方なので
 根掛かりしないように注意しなければいけません。

   スピナーベイト
 初めてスピナーベイトを見た人はとても魚が釣れるルアーとは思えないと思います。
 でも結構釣れます。しかも比較的大きな魚が釣れます。
 スピナーベイトで特筆すべきポイントはなんと言っても非常に高いウィードレス効果があることです。
 根掛かりの心配はほとんどありませんのでストラクチャーなどを攻めることが
 苦手な人はスピナーベイトを使って思いっきり攻めてみましょう。


 ハードルアーと比べると比較的安く売られています。
 ストレートワーム、グラブ、カーリーテール、クローワーム、タコベイト
 などたくさんの種類があり、使用方法もジグヘッド、テキサスリグ、ノーシンカー、
 スプリットショット、ダウンショットなど多岐に渡ります。
















Copyright(c)  GO!アウトドア All Rights Reserved