潮干狩り

          

潮干狩りをしよう

 潮干狩りのシーズンは春から夏にかけてです。潮干狩りの風景はゴールデンウィークの
 風物詩となっています。家族と出かけてよし、友達と出かけてもよし。
 時間が経つのを忘れて夢中で掘り探した貝は味噌汁や酒蒸しで食べると潮風の香りが
 口の中で広がります。さあ、楽しい楽しいい潮干狩りに出かけましょう。
 アサリ
 [マルスダレガイ科]

 淡水が流れ込む浅瀬の砂
 泥地に生息している。砂浜
をよく見るとアサリが吸水管を出していた穴(アサ
リの目)がある。この中の15cmくらいのところにア
サリがいる。一箇所に集まっていることが多いのでひとつ見つけたら必ずまわりも掘り探しましょう。
 ハマグリ
 [マルスダレガイ科]

 内湾の砂泥地に生息している
 がアサリよりも沖合いに生息し
 ているため潮干狩りで見つけるのは大変。現在日本で食べられているハマグリのほとんどは輸入品。


 シオフキガイ
 [バカガイ科]

 内湾の砂泥地に生息して
 いる。アサリよりも沖合いに
生息。砂出しが大変なので潮干がりでとる人は
あまりいません。
 カガミ
 [マルスダレガイ科]

 真水を嫌うので近くに川がある
 場所には生息していない。深さ
50cmくらいのところに生息しているので掘るのが大変。名の通り真っ白でキレイな貝。

 バカ貝
 
[バカガイ科]

寿司ネタの「アオヤギ」として
知られている。アサリよりも沖合いに生息していて、砂浜にアサリよりも大きな穴を開けている。殻が壊れやすいので注意して掘りましょう。
 マテ貝
 
[マテガイ科]

アサリよりも沖合いに生息していて砂に垂直に穴を開けて住んでいる細長い二枚貝。砂浜にアサリよりも大きな穴を開けており、穴の中に塩などを入れるとその刺激で反射的に飛び出してくる。
道具 
クーラーボックス

中には保冷剤や氷を入れておきます。ペットボトルに水を入れて凍らせたものを代用品とする人も多いです。
熊手

これがなければ潮干狩りが出来ません。3〜4本爪のものを用意しましょう。砂を掘ったとき、貝を傷つけないように先のとがってないものがよい。
バケツ

クーラーボックスに入るように折りたたみ可能なビニールバケツが便利。


網目が細かすぎるものは砂が取れない。貝を種類別に入れるので3枚くらい用意するとよい。潮干狩り場でも売っている。
救急箱

潮干狩りをしていると貝殻などで怪我をするときがあります。絆創膏などは必ず入れておきましょう。
道具 
帽子

日射病から守るためにも必ずかぶりましょう。麦わら帽子がお勧めです。
タオル

かがんだ姿勢で作業するため首にはタオルを巻いて首の日焼けを防止します。帽子の中にかぶる人も目立ちます。
半ズボン

長ズボンでは濡れてしまうので出来るだけ半ズボンをはきましょう。どちらにしろ着替えは忘れずに!
長袖の服

日焼けから守るためですが日焼け止めクリームもちゃんと塗っておきましょう。
靴下にサンダル

足の保護のために靴下を履き、さらにサンダルを履きましょう。
長靴は結構疲れます。
    貝の砂だし      貝料理
アサリ・ハマグリ・カガミ貝

ボールに貝を入れ海水を注ぐ(貝が吐いた砂を吸い込まないように底上げしておく

   
3時間ほど暗い場所において置く
   
カガミ貝は砂袋を取り出す


バカ貝・シオフキガイ

アサリよりも砂だしに時間がかかるので海水で一晩砂だしする
   
お湯に入れて貝の口を開ける
   
水に入れて身を取り出す
     
この時点ではまだ砂が残っているのでお湯に身を入れてかき回す


マテ貝
砂だし不要。砂袋がない
アサリの酒蒸し

フライパンに油をしきニンニクを炒める
   
アサリ、酒を入れてふたをする
   
アサリの口が開いたら火を止め、塩・こしょうをふる





アサリご飯

鍋に水、アサリ、だし昆布を入れ、沸騰したら弱火にし、3分煮る
          
ゆで汁に酒、醤油、塩、だしの素を適量を入れ、お米に加え炊く















Copyright(c)  GO!アウトドア All Rights Reserved