釣り用語

          

釣り用語

どんな分野にも専門用語があります。釣りの世界にも知らないとチンプンカンプンの釣り用語がたくさんあるのでよく釣り人が使う基本的な釣り用語をいくつかご紹介します。
 赤潮
 水中に生存しているプランクトンが異常に増殖し、水の色が変わる現象です。
 水の色は赤褐色、茶褐色など(プランクトンによって異なる)に変わりますが、
 色の種類にかかわらずこれを赤潮といいます。このプランクトンが海水中の
 酸素を大量に消費し、海の中を酸欠状態にするため、
 小魚などが大量に死ぬこともあります。



 朝マズメ
 日の出の前後の時間帯。魚が活発に餌を採る時間帯はこの朝マズメと夕マズメ
 (日が沈む前後ぐらい) なのです。朝マズメ、夕マズメを狙って釣りに行くと
 釣果がグンと上がります。

   朝マズメ

 
アミエビ

 まき餌として利用するエビに似たプランクトンです。エビではないですよ。


 エラあらい
 魚がかかった時、海面にジャンプして頭を振り、鈎をはずそうとする動作。
 魚のエラが鋭くハリスが切れてしまうという話もあるがそんなことはないらしい。
 スズキやセイゴが代表的な魚。



 オキアミ(南極オキアミ)
 ウキ釣りやフカセ釣りでよく使用される餌。
 エビに似たプランクトン(エビではありません)。
 オキアミ


 
おでこ

 魚が一匹も釣れないこと。ボウズともいいます。
 お祭り
 自分の仕掛けと他の人の仕掛けが絡んでしまうこと。


 外道
 狙っている魚以外の魚のこと。


 サミング
 ベイトリールでキャストしたとき糸の出を親指で調整すること。
 親指=サム、からこの名前がついた。スピニングリールでは人差し指を使う。




 サラシ
 波が磯や防波堤に当たり、
 砕けて白くなっている状態。
 魚のポイントとなる。
 サラシ



 
時合い

 魚の食いが活発な時間帯。朝マズメ、夕マズメ、潮の変わり目など。


 潮目
 速度の違う潮が接しているところ。小魚の餌となるプランクトンがたまり、
 大型魚なども集まり釣りのポイントとなる。



 スプーン
 スプーンの先のような楕円の金属に鈎を付けたルアー。ボートで釣りをしていた人が
 食事中誤って水中に落としたスプーンに魚が食いついたことがこのルアーの始まりです。



 スレ
 魚の口以外のところに鈎がかかって釣れること。口にかかったときより引きが強くなる。


 太公望
 釣りの好きな人のこと。中国、周代の政治家太公望が釣りが好きだったことが由来。


 タナ
 魚が泳いでいる層のこと。


 年無し
 クロダイ(チヌ)に対して使う言葉で50センチ以上の
 クロダイのこと。
 長く生きているので年が分からない(年無し)という
 意味でつけられた。
チヌ


 
凪(なぎ)

 風や波がなく、海が穏やかなこと。


 ナブラ
 海面近くで小魚が大型魚に追われて逃げまどい、
 海面がざわめく様子のこと。

 ナブラ


 
二枚潮

 上層の流れとと下層の流れが違うこと。


 のっこみ
 魚が産卵に備えて餌を荒食いすること。この時期は深場から浅場へ寄ってくる。


 脈釣り
 ウキを使わずに、糸の動きやアタリを手で取る釣り方。


 夕まずめ
 日が沈む前後の時間帯。魚が活発に餌を採る時間帯はこの夕マズメと朝マズメ
 (日が昇る前後の時間帯)なのです。
 朝マズメ、夕マズメを狙って釣りに行くと釣果がグンと上がります。


   夕まずめ
















Copyright(c)  GO!アウトドア All Rights Reserved